症例

椎間板ヘルニアとは?


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

椎間板は髄核とそれを包む線維輸からなっています。この線維輸に亀裂が生じ、そこから飛び出した髄核によって神経が圧迫されると痛みが引き起こされます。

 


亀裂から髄核が飛び出し神経を圧迫

 

脊髄(背骨)を構成する24個の椎骨の間には一つずつ椎間板があります。椎間板は髄核を守ると同時に上下の椎骨をしっかりとつなぐ役割を果たしています。ところが線維輸は年齢とともに弾力性を失っていきます。弾力性を失った線維輸は次第に硬直化して、激しい運動や不自然な姿勢を長時間続けていると、この線維輸に少しずつ亀裂が生じる場合があります。その結果、線維輸の亀裂から髄核が飛び出して神経を圧迫し、椎間板ヘルニアに至るのです。これが椎間板ヘルニア発生のメカニズムです。椎間板ヘルニアは頸部、胸部、腰部のいずれにも起こる可能性がありますが、最も頻出する場所は背骨の下部にある第四腰椎から第五腰椎、そして第五腰椎から第一仙椎間です。この二つの椎間板は背骨の下部にあるため、上半身や背骨自体の重量が集中的にかかってしまいます。さらに腰を動かす際、起点となるのもこの部分です。まさに体の要というべき場所ですが、言い換えればここにはかなり負担がかかっており、亀裂が生じやすいのです。むろん髄核は前後左右どこでも、飛び出しますが、多くの場合、後ろ側に飛び出します。そしてこれが最も厄介な症状なのです。というのは、後ろ側には脊髄から出た神経が沢山通っていますから、こうした神経が線維輸から飛び出した髄核によって圧迫されると激しい痛みを 招くのです。圧迫する神経の種類によっては、お尻や太ももに痛みが出る場合もあります。

 

腰痛   2008年12月15日   前田

この記事へのコメント

コメントを送る

  ※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください
このページの先頭へ戻る