症例

活性酸素とは


【活性酸素とは?】

 

普通の酸素から出来る反応性の高い分子で、酸化力が強く、化学反応を起こしやすい物質です。その為、細胞を傷つけたり、過酸化脂質を作ったりして、動脈硬化や組織の炎症を起こす原因になっています。また遺伝子にも傷をつけ、発ガンや先天性異常の原因になっていることも指摘されています。
以前はオキシフルから発生する活性酸素(白い泡)の反応を利用して、傷口の雑菌を殺す消毒法が広く行われていましたが、雑菌と共に皮膚の組織細胞まで傷つけられ、傷口の癒着が促進しないという弊害が指摘され、現在は消毒薬としてあまり使用されなくなっています。

 

 

 

【活性酸素が増えたらどうなるのか?】


動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞、胃潰瘍、ガンなど、成人病のほとんどに関係しています。例えば、動脈硬化は活性酸素が血中の悪玉コレステロール(LDL)を酸化させ、これを取り込んだ血管壁の掃除役のマクロファージ細胞が動脈壁に沈着することで起こります。タバコ や食品添加物など発ガン物質や紫外線、放射線も体内で活性酵素を発生させ、これが遺伝子を傷つけてガンを引き起こしてしまいます。皮膚のしわやしみ、白内障、最近ではパーキンソン病との関係も注目されています。

 

 

【活性酸素を低下させるには?】

私達の体内には、過剰増加した活性酸素を中和するSOD(スーパー・オキサイド・ディスムターゼ)と呼ばれる酵素があります。SODにも、個人差はありますが、ある年齢を境に徐々に弱まり始め、40歳を過ぎると大幅に力が鈍ってきます。SODをつくる力が落ちたら、その代わりをするもので補う必要があります。例えば、胚芽、大豆、はと麦、かぼちゃ、にんじん、ごま、緑茶、柚子などフロボノイド、カロチン、ビタミンC、ビタミンB群、アルファトコフェロール、タンニン、ポリフェノールなどが多く含まれておる食品が良いとされております。

 

 

≫ 続きを読む

活性酸素   2008年12月25日   前田

冷え性とは?


 

体の局部的な温度感覚の異常で、その部分の血管収縮で
起こると考えられています。自立神経の機能低下・着類の薄着・生活習慣の乱れ遺伝的要素などが重なり合い、明確なことは解りません。女性の場合、卵巣の働きが不安定になり、ホルモン分泌に支障をきたし、更年期障害と同じ症状を起こします。その上、夜更かし・睡眠不足・無理なダイエット・運動不足が続けば、便秘になり、その結果手足の冷えとなって現れてきます。冷えの傾向のある人は「胃痛を起こしやすい」「便秘がちだ」「貧血がある」など体調の悪さを訴える人が多く体全体の改善が必要です。冷え性で思いつくのは足ですが、その他にも手・腰・背中などが冷える方がいます。
女性の場合、生まれながら骨盤内臓器(生殖器など)を抱えていて、また毎月の生理が生体のハンデとなって、冷え性になり易いといえます。そんなことから冷え性は女性特有の症状と思われがちですが、男性にも現れます。手にふれてみると冷たいので、血液の循環が悪いのがすぐに分かり、対処法としてはマッサージを併用すると効果的です。

冷え性   2008年12月15日   前田

椎間板ヘルニアとは?


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

椎間板は髄核とそれを包む線維輸からなっています。この線維輸に亀裂が生じ、そこから飛び出した髄核によって神経が圧迫されると痛みが引き起こされます。

 


亀裂から髄核が飛び出し神経を圧迫

 

脊髄(背骨)を構成する24個の椎骨の間には一つずつ椎間板があります。椎間板は髄核を守ると同時に上下の椎骨をしっかりとつなぐ役割を果たしています。ところが線維輸は年齢とともに弾力性を失っていきます。弾力性を失った線維輸は次第に硬直化して、激しい運動や不自然な姿勢を長時間続けていると、この線維輸に少しずつ亀裂が生じる場合があります。その結果、線維輸の亀裂から髄核が飛び出して神経を圧迫し、椎間板ヘルニアに至るのです。これが椎間板ヘルニア発生のメカニズムです。椎間板ヘルニアは頸部、胸部、腰部のいずれにも起こる可能性がありますが、最も頻出する場所は背骨の下部にある第四腰椎から第五腰椎、そして第五腰椎から第一仙椎間です。この二つの椎間板は背骨の下部にあるため、上半身や背骨自体の重量が集中的にかかってしまいます。さらに腰を動かす際、起点となるのもこの部分です。まさに体の要というべき場所ですが、言い換えればここにはかなり負担がかかっており、亀裂が生じやすいのです。むろん髄核は前後左右どこでも、飛び出しますが、多くの場合、後ろ側に飛び出します。そしてこれが最も厄介な症状なのです。というのは、後ろ側には脊髄から出た神経が沢山通っていますから、こうした神経が線維輸から飛び出した髄核によって圧迫されると激しい痛みを 招くのです。圧迫する神経の種類によっては、お尻や太ももに痛みが出る場合もあります。

 

腰痛   2008年12月15日   前田

肩こりの原因は何か?


肩こりに悩んでいる人は意外に多いようです。ある統計によると男性の90%、女性の95%が肩こりに悩んだ経験を持っているといいます。肩こりは、もはやストレス社会に生きる日本人の持病と言ってよいかもしれません。

 

 

 

若い世代にも増加

 

施術を必要とするようなひどい肩こりは40代以降の働き盛り、特に女性に多く見られます。
長時間、緊張を強いられる職業やデスクワーク中心の仕事に携わっている人はもちろん、最近では、OA機器を扱う20代の女性が肩こりを訴えるケースも目立って増えてきました。
肩こりは、肩や首の周囲の筋肉の血行が悪くなるために起こります。運動不足や姿勢の悪さ、筋力不足などが原因で、肩こりや痛みが出ることもあります。筋力が衰え始める40歳以上の世代、なかでも、なで肩のすらっとした女性に多いのは、こうした理由からです。肩こりが悪化すると、吐き気や頭痛、目がしょぼつくなどの症状が出ます。首や肩、背中が重く感じ、机に座っているのが辛くなったり、かなりの苦痛を伴うこともあります。

 

 

五十肩の違いは?

 

肩こりと五十肩は似たようなものだと誤解している方が少なくありません。しかし、肩こりと五十肩はまったく別のもので、症状も原因も違います。

 

 

原因は全く別

 

五十肩の原因は、筋肉機能の低下によるもので、腕が上がらない、腕は上がっても痛みがある。腕が後ろに回らない、などの症状がでます。洋服を着ようとして、背中のファスナーを上げようとしたり、そでに手を通すために腕を上げたりしたとき、肩や腕に痛みを感じるようなことがあれば、五十肩の可能性があります。こうした症状は突然現れることが極めて多く、特に五十歳以上の年齢層で、女性に多く見られます。五十肩の痛みは、腕や肩を動かしたとき、何ともいえぬ不快感を伴います。痛みがあるからと言って、放置しておくと、肩の関節をつくる筋や腱が癒着し、肩が動かなくなってしまいます。

 

肩こり   2008年08月14日   前田
このページの先頭へ戻る